ネバネバ食品は便秘に効果大!

納豆やオクラなど、ネバネバする食材は体によいといわれていますよね。ネバネバ成分は食品によってその成分が異なりますが、多くのネバネバ食品に含まれている「ムチン」という成分は、免疫力を高めるほか、便をスムーズに排出する効果がありますので、ネバネバ食品は便秘の人もぜひ積極的に摂り入れたい食材です。またネバネバ食材は食物繊維が豊富な食材が多いので、できれば毎日食べられるのが理想。そこで今回は、ネバネバ食材を効率よく食べられる「ネバネバ丼」のレシピをご紹介したいと思います。

「ネバネバ丼」レシピ

野菜や海のもの、タンパク質もまとめて効率よく摂り入れたいので、ネバネバ丼はいろいろな食材を使います。めかぶ、オクラ、長芋、マグロのたたき、しらす、青ネギ、納豆、モロヘイヤ、アボカドを準備してください。めかぶは細かくなっているパックを用意し、オクラは塩ずりしてさっと湯通ししたら小口切りに。長芋は皮を剥いてすりおろし、まぐろのたたきとしらすと納豆は買ったまま、青ネギは小口切り、モロヘイヤはさっと茹でてあらみじん切りに、アボカドも食べやすい大きさにカットします。あとの作り方はとても簡単で、丼にほかほかごはんを盛ったらそれぞれの食材をきれいに盛り付けるだけ。青ネギは最後にちらし、醤油をかけていただきます。白米でも十分おいしいですが、雑穀を入れて炊いた雑穀米にするとさらにおいしいです。雑穀には白米よりも食物繊維が豊富に含まれていますので、こちらもぜひ意識的に摂り入れたい食材。雑穀は白米と比べると消化が悪いので、ネバネバ丼はついつるっと飲み込んでしまいそうになりますが、しっかりよく噛んでいただきましょう。ネバネバ丼は、マグロやアボカドからオメガ3の不飽和脂肪酸も摂取できますので、一皿でいろいろな栄養を摂ることができる万能メニューです。日を使わずに作れて簡単なので、忙しいときの食事にぜひ活用してください。

参考 豆類には体によい栄養が豊富。豆料理で便秘を予防しよう

Comments are closed.