毎日の食事で便秘を予防

日々の食事メニューを考えるのはなかなか面倒なもの。そして、どうしてもつい偏ったメニューになりがちです。また忙しいとどうしても野菜不足になりがち。つい外食をしてしまうということもありますが、野菜を切ったり茹でたりするよりも、お肉を焼いてしまうほうが楽なので、肉類の摂取量に対してどうしても野菜の摂取量が足りなくなってしまうようですね。便秘を予防、改善するには毎日の食事がとても重要で、それはもちろん食物繊維、野菜を自炊によってしっかり食べるため。食物繊維が豊富な食材はいろいろありますが、野菜は生だと量をたくさん食べられないし、海藻類などは調理法のバリエーションが少ないので飽きてしまうという人も多いのではないでしょうか。そこで、こちらのサイトでは食物繊維が豊富な食材を、ちょっと変わった調理法でいただくためのレシピをご紹介しています。レシピのバリエーションが増えると、食べるのはもちろん料理をするのも楽しくなりますね。

飲み物を飲むタイミングは?

便秘の予防と改善には、たっぷりの水分を摂ることが不可欠。けれど、ただ飲めばよいというわけではなく、飲むタイミングによっては体に負担をかけてしまうこともありますので、少しだけ飲み方を意識して、体にやさしく便秘の予防と改善を目指しましょう。まずは、朝いちばん、朝食を食べる前にコップ1杯のお水を一気に飲む。これは胃腸を強くする効果もありますし、腸を刺激してぜん動運動を誘発し、便意をもよおしやすくする効果があります。また毎日続けることで、便秘以外の面でも美肌につながるといわれていますので、コストもかかりませんしぜひ今日から実践してみましょう。逆に、あまりよろしくないといわれているのは、「食事中」に水などをたくさん飲むこと。食前30分までに水をしっかり飲んでおくと、食べ過ぎを防ぐことができるのでよいといわれているのですが、食事の最中に飲み物を飲みすぎると、食べたものの消化を妨げてしまうのだそうです。食後に飲むのはOKですので食べている最中はあまり飲み物を飲みすぎないようにしましょう。食事中の水分補給を防ぐには、あまり食事の味付けを濃くしすぎないことが大切です。塩分過多は腎臓に負担をかけるほか、むくみやすくなってしまうので、味付けは薄味が基本。「だし」をしっかり取ればうまみが出ますので、塩を少なくしても十分おいしいです。ちょっとした工夫で体にやさしい食生活を心がけましょう。

一緒に読みたいページ:ネバネバ丼でお通じをよくて、免疫力を高めよう!

Comments are closed.